家賃交渉-トップ画像
TOP PAGE >> 家賃交渉のリスク
家賃交渉のリスク

賃貸人の調査

賃貸人が値下げに対してどの程度の対応力があるかを調査することは、どの程度の交渉ができるか、どのように交渉を進めればいいかを判断する材料になります。

■謄本の取得

登記所から借りている不動産の謄本を取得しましょう。謄本には、その不動産の所有者やその移行履歴などを記した甲区と、所有者の債務状態を記した乙区があります。

■賃貸人の投資回収の進み具合

謄本から得られた情報をもとに、賃貸人の投資回収状況を算出します。 不動産の価格を家賃収入で割ることによって何年で投資した分を回収できるかを計算できます。ここで、あなたの借りている不動産が既に投資回収の済んでいるものであれば、値下げ交渉に有効な材料となります

値下げ交渉の実践

値下げ交渉に必要な資料集めなどの準備が整ったら、いざ実践です。
値下げ交渉は裁判で訴えるといった責め立てるものではありません。あくまでも賃貸人のと話し合いです。双方が納得して交渉が進められるように、気つけるべき点も様々にあります。

■交渉の態度

あくまでも話し合いの場であるので張り詰めた空気では上手くいくものもいきにくくなってしまいます。まずは穏やかに、お願いする姿勢で、きちんとした意見を持つなど、真摯な態度で賃貸人と相対しましょう。 近年では、このような賃料を減額することによるコスト削減が注目されています。事実、光熱費などとは違い、毎月定額でコストが減るので非常に有効です。交渉をする際は、浮いたコストの利用先などの経営戦略を提示することも、値下げ成功の鍵となることがあります。

■交渉のタイミング

賃料の改定には経済の状況が大きく関わっています。実際には、経済が回復し始めると値下げの機会は減っていきます。そのため、値下げ交渉はタイミングが非常に重要なので素早い対応が大事になります。

■交渉の進め方

「何となく安くして欲しい」では誰も賃料を下げてはくれません。しっかりと値下げしたい理由や減額可能な根拠などで理論武装しましょう。
難解な資料でなく、誰が見ても分かりやすい資料を準備することでも交渉はスムーズに進められます。

■無理な交渉はしない

いくら相場よりも高いからといって一気に賃料を下げるというのは難しいものです。
その場合は、賃料の値下げはそこそこに、それ以外の条件を出すことで自分の利を求める方が有効な場合があります。
あいているスペースに広告を貼ったり、看板を出させてもらうといったものであれば、値下げよりもすんなりと済むこともあります。

家賃交渉-申し込み
サービスの流れへ



| TOP PAGE | 家賃交渉サービスとは? | 自分で交渉できないの? | 家賃交渉のリスク |
| サービスの流れ | 料金例 | 実施例の紹介 | 家賃減額度診断 | 個人情報保護指針 | 会社概要 | お問合せ | サイトマップ |

▲pagetop